« 【12台湾旅行】台湾大学 | トップページ | 【12台湾旅行】芝山⇒天母(新光三越無料バス) »

2012年3月12日 (月)

【12台湾旅行】台一牛奶大王(紅豆湯=ぜんざい)

台湾大学の少し脇の出口から出るとすぐ目の前にありました。

12taiwan_70信号を渡ってホントにすぐでした。

こちらのお店、歴史のある有名店らしいです。台湾は夏はもちろん『かき氷』なんですが、台北の冬は結構寒いので、代わりに『紅豆湯(ぜんざい)』が好まれるみたいです。

大きな地図で見る

【注文】
注文はしづらいです。漢字のメニューしかなく、ふたりで尻込みしてどうしようかと思っていると、店員さんが後ろの壁を指さしてくれて、振り替えるとそこに写真が載っていました。

それで、それを指さしながらなんとか注文完了です。それでも若いお兄さんが一生懸命注文を取ってくれて、非常に好感度大です。

【味】
注文したのは、一番オーソドックスな小豆のぜんざい『小湯圓紅豆湯』とそれから、ちょっと変わったピーナッツの『芝麻湯圓花生湯』。2つで115元(約306円)でした。

どちらも大きなお鍋で煮込んでいるものをお椀に入れてくれます。

小豆の方は、日本のぜんざい(おしるこ)とはかなり違って、甘さは薄め。だけど、水っぽいっていうわけではなく、煮込んでお豆の美味しさが出ている感じです。

ピーナッツはてっきり固いピーナッツが入っているのかと思ったら、すごい柔らかくてビックリ。でも、ピーナッツの形は崩れずにちゃんと残っているんです。それから、ゴマ入りの白玉が思いのほかおいしい。

【店内】
12taiwan_71店内はそれほど広くなくて、台湾大学の学生らしき団体さんや、家族連れ、おひとり様など、さまざまでした。

日本人は見かけませんでした。

メニューでちょっと気になったのは『酒粕』。ちょっと次回は挑戦してみたいです。

« 【12台湾旅行】台湾大学 | トップページ | 【12台湾旅行】芝山⇒天母(新光三越無料バス) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/54200717

この記事へのトラックバック一覧です: 【12台湾旅行】台一牛奶大王(紅豆湯=ぜんざい):

« 【12台湾旅行】台湾大学 | トップページ | 【12台湾旅行】芝山⇒天母(新光三越無料バス) »