« 【09台湾旅行12/16】士林~故宮(255市内バス) | トップページ | 【09台湾旅行14/16】犁記餅店(パイナップルケーキ) »

2009年4月 2日 (木)

【09台湾旅行13/16】三希堂(故宮内)

三希堂cafe

Taiwan130 故宮内にある喫茶店:三希堂に行ってきました。写真は限定品の豌豆黄児(65元、豆ゼリー:味の薄い羊羹のようなもの)というお菓子。サッパリ。


大きな地図で見る

Taiwan131三希堂
とりあえずは、入口をまっすぐ直進して、階段をのぼり、その先のエレベーターで4階を目指します。事前にネットで調べたのですが、われわれがこれから朝食へと向かう「三希堂」はこれが一番早いらしいです。

4階についてお店の入口に入り、「ニイハオ」と声をかけましたが、反応がありません。店員さんはキビキビと動いているので、聞こえなかったかなと、もう一度声をかけると後ろから「ニイハオ」と応対してくれたので振り向くと、普段着の女性が。遅れてきたお店のヒトかな??それから、制服を着た男性が気付いてくれて、一番いい席と思われるところに案内されました。

故宮の開館に合わせて9時から開店するという情報でしたが、他にお客さんはおらず、まだ準備中という感じです。店員さんがキビキビとテーブルセッティングをしています。奥の席ではお店の店長さんでしょうか、打合せをやっています。しばらくすると、従業員を集めて朝礼が始まりましたcoldsweats01

ちょっとフライングなのか、お店のスタートが遅いのか微妙ですが、それでもサービスはキッチリやってくれて、注文したものが次々と出てきました。

お茶は三清茶というのと蓮心茶というのを選んでみました(いずれも160元)。前者は清朝の皇帝が飲んでいたというお茶でだんだん苦味が出てきました。後者は蓮の根っこが入っているもので蓮の香りが感じられます。こちらの方が飲みやすい。

Taiwan133食事は、限定品の豌豆黄児(65元)と、栗のスライス(105元)が入ったもの蒸し物、チャーシューバーガーのようなもの(80元、合計570元=約1,675円)。いずれもさっぱりした味付けで朝食としても甘味としても美味しくいただきました。
Taiwan13210時前になってもお客さんは来ません。お店の雰囲気は、博物館の喫茶らしく非常に雰囲気が良く、少し暗めの灯りに分厚い書物などもインテリアとして飾られて非常に荘厳な雰囲気でした。

故宮
われわれが4階で朝食を優雅に取っている間に3階以下はとんでもない喧噪状態になってました。開館当時はヒトがまばらだったので、平日は空いているのかな…なんて思っていましたが、甘かった!日本人の団体観光客はいるわ、野球部のユニフォームを着たような地元の学生の団体はいるわで、とてもゆっくり鑑賞するような状態ではなく…crying

そんな中、気がついた点を何点か。

展示は以前に比べて工夫されているように思えました。復元された絵画などは復元の過程が展示されていたり、「白菜」と「角煮」が前面に押し出されていたり。「白菜」と「角煮」は故宮のシンボルにするつもりなのか、ミュージアムショップでもかなりキャラクターグッズが作成されていたおもしろかったですねcatface

混雑が苦手なわれわれはそんなわけで早々に退散しましたcoldsweats01。帰りのバス停も見つけられ、タクシーの客引きもなく、無事に士林に戻れました。故宮の帰りのバス停はGPSを使っているのか、「あと何分で到着」という表示が出ます。台湾は地下鉄の表示も「あと何分で到着」表示があって、これは思ったより分かりやすいシステムだな、と感じました。

鼎泰豊、台北101展望台、足つぼマッサージ
それから、残った時間で台北市内を瞥見。まずは鼎泰豊。本店は混んでいるだろうということで、忠孝敦化へ。12時少し前についたため、ぎりぎり待たずに入れましたが、すぐに大混雑。ここは、有名ですし、甘味でもないので詳細は省略しますね。あ、でも小龍包だけでなく、あんまんも美味しかったです。大人数をさばく手際のよさにも脱帽。

鼎泰豊の近くに東区粉圓という甘味のお店があるのですが、こちらは地元のファストフードという感じで、注文に仕方が分からずに見学のみ。でももう食べすぎですねcoldsweats01

今日は台湾に来て一番の寒さで、テレビでも「大寒波」。寒さにやられてちょっと体調不良気味ですが、そのまま市政府へ。駅前の新光三越を通って台北101展望台へ。ここは世界2位の高さのビルということですが、入場料は400元!(約1,176円)高さもここまで来ると実感湧かないです。下からビルを見上げた方が分かりやすいかも。ちなみにエレベーターは東芝製でした。帰りは誠品堂書店という巨大な本屋さんに立ち寄りました。日本にはないスタイルで書店を中心にした総合ショップとでもいうんでしょうか。

それから、いったんホテルに戻って近くの足つぼマッサージのお店へ。途中、トラブルもありましたが、なんとかお店にたどりつき、カタコトの日本語で話をしながら揉んでもらいます。想像よりは痛くなかったけど、それでも痛かった。やってもらった直後は足がすごい楽でしたけど、効果は長く続きませんでしたweep(2009.1)

« 【09台湾旅行12/16】士林~故宮(255市内バス) | トップページ | 【09台湾旅行14/16】犁記餅店(パイナップルケーキ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/44071812

この記事へのトラックバック一覧です: 【09台湾旅行13/16】三希堂(故宮内):

« 【09台湾旅行12/16】士林~故宮(255市内バス) | トップページ | 【09台湾旅行14/16】犁記餅店(パイナップルケーキ) »