« 【09台湾旅行4/16】台北~基隆(李鵠餅店) | トップページ | 【09台湾旅行6/16】MRT新北投線&淡水線 »

2009年3月 4日 (水)

【09台湾旅行5/16】春水堂、李製餅家、新純香

台北(MRTsubway)⇒1140中山

Taiwan50「春水堂」という、ブラックタピオカで有名な(らしい)台北の甘味処cafe

昼食も合わせて美味しくいただきましたhappy02


大きな地図で見る

新光三越
まだ少雨が降っているので、台北駅の地下街に逃げ込み、ちょうど開店間際だった新光三越(百貨店)にトイレ休憩も兼ねて行ってみることにしました。

百貨店の開店時間は午前11時。かなり遅いですね。開店直後なので入店してみると売り子さんたちがうやうやしく挨拶してくれます(たぶん、「いらっしゃいませ」と中国語で言ってくれてるんでしょうね)。

地下1階はフードコートになっていて、地下2階が食品売場。まだ開店直後で空いていて、中国茶のコーナーでおみやげを探していると店員さんから試飲させていただきました。非常においしいお茶で買うべきか悩んだのですが、結果的に後でもっとリーズナブルにおいしいお茶が買えたのでここでは買わなくて正解でした。

トイレのことを書くのは少し気が引けるのですが、日本と違うのでやはり書いておかねば。事前に情報を集めてビックリしたのは、紙が流せないこと。排水管が細いのか、浄水の力が弱いのか、紙を捨てるごみ箱が別に用意されています。ホテルや百貨店は流せるようで、新光三越もごみ箱は置いてありませんでしたが、ここ以外はほとんどその仕組みでした。それでも、電車の車内トイレも含めて衛生面はまずまずではないでしょうか。トイレットペーパーが一緒に流せないのは不便ですけどねぇ。

春水堂
次に向かったのは、MRTで台北駅から一駅乗った中山駅から少し歩いたところにある「春水堂」という甘味屋さん。なんでも、ブラックタピオカの元祖?らしく、「一番おいしい」「でも高すぎる」と評価が二分されているところなのです。ここでは、食事も取れるらしいので、ちょうどいいと昼食に向かったのでした。

中山地区はもっと商店街を想像していたのですが、道路は広く交通量は多く、少し歩きづらい繁華街という感じです。中山駅を東に向かってまっすぐ進むと公園があって、その手前に春水堂はありました。京都にでもありそうな小ざっぱりとしたきれいなお店です。

まだ12時前、空いていて無事に席を確保。メニューは日本語メニューがあり、用紙に赤ペンでチェックしてお会計を事前に行うファストフード方式。お店のイメージとちょっと違う気もしますが、中国語に苦労している我々には優しい仕組みですね。

Taiwan52注文したのは、珍珠紅茶70元、珍珠紅豆奶茶80元、功夫麺75元、牛肉麺150元、お好み餅70元、合計445元(約1,308円)。ランチに飲み物とデザートを頼んで2人でこの値段なので安いですよね。でも結局12時を過ぎてもそれほど混雑しませんでした。2階もあるのですが、1階の席がほぼ埋まる程度。現地のヒトにとってはやや割高なのかな?お客さんは日本人が数組。今回の旅行では日本人にあまり会わず、ここでほぼ初めてではないですかねぇ。この時期、旅行客が少ないんでしょうか?

Taiwan51料理は麺類(牛肉麺)が最高においしかったですね。甘味について満足。飲み物はあずき入りの紅茶?でしたが、ブラックタピオカがちょうどいい大きさでストローに入ってきて、日本で飲むのとやはり違う。固さもちょうどいいし。満足です。

李製餅家
食後は次のターゲットにしていた「李製餅家」へ。
ここのパイナップルケーキも有名だそうで、以前に自分も貰ったことがあります。ここは実は、午前中に行ってきた基隆の李鵠餅店の姉妹店らしいのです。
ところが行ってみると、案に反してけだるい雰囲気のおばちゃんが一人で店番をやっているという感じ(苦笑)。ちょっと事前のイメージと違うのですが、41元120円でパイナップルケーキとカレーパイ?(加哩酥)を購入。
台湾はただ甘いだけでは満足できないのでしょうか(笑)。お饅頭の中に甘くないもの(塩辛いもの)を入れることが多いようです。

Taiwan53新純香
次のターゲットは「新純香」というお茶屋さん。
ここは初め予定に入っていなかったのですが、春水堂で街歩き用のガイドブックを見てよさそうなお店があるというので、急きょ行こうということになりました。

お店はやや裏通り沿いにあったので見つかるか心配でしたが、無事に発見。お客さんはいませんでしたが、日本語を話せるスタッフの方が丁寧に対応してくれました。
まず、値段表を見せてくれて、どれでも試飲させてくれる、とのこと。いろいろ試飲してみたかったのですが、気が弱い二人が飲めたのは一番安い凍頂烏龍茶のみ(苦笑)。でも、これでも十分おいしいんです。

まだ買うか買わないかわからないような二人を相手にお茶菓子を出してくれて、きちんと中国茶の作法に従ってお茶を出していただいた恐縮です。

…そういうわけで、結局ここで予定していたおみやげのほとんどをここで購入してしまいました(笑)。やや乗せられてしまった気もなくはないのですが、気持ちよく買い物ができたのでよかったと思います。新光三越ではなかった、小さなパック(50g単位)で購入できるのも魅力でした。

Taiwan54お茶受けで出していただいた、茶梅、ハスの実の甘納豆も購入。おまけで茶さじ、それ以外のお茶のティーパックまでいただいて満足です。

気分が良くなって、しばしの間中山周辺の裏通りを散歩。表通りは車通りが激しいのですが、裏通りは街並みが古く、雰囲気のよさそうな喫茶店などがあって、ゆっくり時間をつぶすのにはいいところなのかもしれません。また、ゆっくり来たいところですね。(2009.1)

   

« 【09台湾旅行4/16】台北~基隆(李鵠餅店) | トップページ | 【09台湾旅行6/16】MRT新北投線&淡水線 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/44071848

この記事へのトラックバック一覧です: 【09台湾旅行5/16】春水堂、李製餅家、新純香:

« 【09台湾旅行4/16】台北~基隆(李鵠餅店) | トップページ | 【09台湾旅行6/16】MRT新北投線&淡水線 »