« 予定を変えて中津川へ | トップページ | 明知鉄道に乗って明智へ »

2007年1月 7日 (日)

栗きんとん発祥の地・中津川

予定変更で思わぬ時間ができた中津川。

次に向かうは中央線沿いの恵那という駅で、恵那峡が有名なところですが、次の列車は1510発で、時間が30分ほどあります。

Nakatsugawa 駅前でできた待ち時間は自分は苦にならなくて、駅前をふらふら歩くのですが、今回は駅の隣にあった、甘味どころ・・・というか、観光案内所でであった甘いものです。

写真は川上屋の栗きんとんと七福の銅羅(どら)焼きです!

(・・・続きです!)

中津川の駅前にはなにやら石碑が。。。近づいてみると、『栗きんとん発祥の地』とあります。そうなんですよ、自分が愛すべき(笑)栗きんとんはこちらが発祥らしいんです。中津川は栗きんとんに限らず和菓子の美味しいところで、以前に、地元のヒトにほかに名産があまりないので、和菓子がいろいろ工夫された・・・って言う話をきいた記憶があります。

さて、あとはどうしようかと思っていると、駅の左手には観光案内所ができているのでそこに入ってみると、観光案内所と一緒に和菓子の販売コーナーが・・・!お茶もセルフですがいただけるようになっていて、一服できるようになっています。なかなかいいじゃないですかねぇ。

ここで購入可能な栗きんとんはこのとき5種類。中津川には全部で栗きんとんを作っているお店が12もあるみたいですね。悩んだ挙句、とても5つも食べれないので、川上屋の栗きんとんともうひとつはドラ焼きを買いました。

中津川で一番有名(と思われる)すやは残念ながら入ってませんでしたが、川上屋もけっこう有名ですよね。七福というところはよく知らなかったのですが、ドラ焼きはバタークリームが入っていて美味しかったです!

さてさて。次は恵那に向かいます。(2006.12)

« 予定を変えて中津川へ | トップページ | 明知鉄道に乗って明智へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/13375523

この記事へのトラックバック一覧です: 栗きんとん発祥の地・中津川:

« 予定を変えて中津川へ | トップページ | 明知鉄道に乗って明智へ »