« ノロッコ号 | トップページ | 旭山動物園の探索 »

2006年10月 1日 (日)

美瑛も結局観光バスで(笑)

美瑛に来るのはこれで4度目(苦笑)。われながら同じところによくもこんなに来たものです(笑)。1度目は大雨だったので下車できずに通過。2度目も3度目も大雨ではなかったもののあまり天気は優れず、4度目の今回も雨が降り出しそうな曇天です…。

美瑛は、クルマで観光するヒトが多いと思いますが、スポットスポットを観光するだけではもったいないところで、自転車で観光するのがお勧めです(ホントです!)。駅前にはレンタサイクルのお店が何軒かあって、観光地によくありがちなレンタル料が高くてサービスが悪い-っていうことはまったくなくって、すごくやさしくていいヒトばかりなんですよ。値段も控えめで1時間200円くらいから。美瑛の一番のいいところは観光地ずれしていないところだと思うのですが、駅前の街並み作りといい、パッチワークの畑つくりといい、努力をしながら控えめ…という、観光地のカガミのようなところだと思います(笑)。

自転車を使って回るルートは主に二種類あって、ひとつは『パッチワークの路』。こちらは前回行きました。CMなどで使われたポイントがこっちのほうが多いですかね。今回は『パノラマロード』。どちらかというと、十勝岳などの雄大な眺めが見れるほう。ガイドブックなどを見るとどちらもかなり勾配はきついところがあるのですが、それでもクルマからの眺めでは体感できない楽しさがあります。

Biei そんなわけで、今回も自転車を使って回ろうと思っていたのですが、天気が不安定でどうしようかという気持ちも片隅にあり、結局どうしたかというと、観光バスに乗ってしまいました(笑)。言ってることとやってることが違うじゃん!と突っ込まれそうですが(苦笑)、体力温存も必要ということで^^;。

(・・・続きです!)

ホントたまたまなんですよ。美瑛の駅に行ったらちょうど、ツインクルバスというものが停まっていて13時10分発ということで、JR北海道がハイシーズンだけ運転しているものなんです。存在は知っていたんですが、あまりにも時間がぴったりだったので、急いで駅の窓口で切符を購入して飛び乗りました。約90分のコースで600円。安い!

コースとしてはパノラマ側のコースで、美瑛の駅を出ると右に進みます。小さな川を越えると右手に先ほどの富良野線の線路を眺めてそれをさらに右にわたって、左にもう一度渡り返して丘陵を登ります。こちらのコースはガイドブックにはサイクリングコースとして記載されていますが、ほとんど自転車とはすれ違いません。っていうかこの勾配はちょっと厳しいかな。バスにしてしまってよかった・・・。

拓真館。あまりこういう美術館とか博物館系の観光は得意ではないのですが、ここは写真館で美瑛の写真を撮り続けた前田真三さんの写真が展示されていて、色合いのすばらしさに圧倒されます。写真は露出などで実際の色合いよりも強調できたりしますが、それにしても雪の白、夕焼けの赤…。今日は残念ながら曇りで空は灰色。十勝岳も見えません(涙)。

続いて向かったのは四季彩の丘。こちらは、言ってみれば『お花畑』なので、本来は性に合わないところなのですが、こちら行ってみるともすごい!ラベンダーは残念ながら終わっていましたが、花の色合いの強いこと。そこで食べたコロッケもうまい!(笑)牛乳は富良野のほうがおいしかったかな。

Biei2 最後は、列車からチラッと見えた美馬牛の小学校を眺めて終了。バスでしたが満喫。駅前に戻った後、喫茶店によってから今晩は美瑛の宿に投宿。その夜、珍しく旅先で体調を崩してしまいました…(涙)。結果的に自転車ではなくバスを選択したのでまだよかったかも。(2006.8)

« ノロッコ号 | トップページ | 旭山動物園の探索 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/12113658

この記事へのトラックバック一覧です: 美瑛も結局観光バスで(笑):

« ノロッコ号 | トップページ | 旭山動物園の探索 »