« 国立駅舎は解体へ | トップページ | 帰りは余市から鉄道で »

2006年10月16日 (月)

積丹岬・定期観光バス紀行

今回の北海道旅行も佳境に入ってきました。増毛の駅から『北海道中央バス』へ電話。今日は増毛から留萌本線を深川まで戻ってそこから札幌に出て投宿の予定。翌日の日程は出発前まで決まらずに旅先でもまだ迷っていたのですが、『北海道中央バス』主催の定期観光バス『絶景積丹(しゃこたん)岬コース』に申し込むことにしました。わざわざ増毛の駅から電話したのは注意書きで『前日18時までに予約がない場合は運休となります。』とあったので、心配になって電話(笑)。結局それは杞憂に終わり、翌朝バスに乗ってみるとかなりの乗車率でした。

今回乗る観光バスは所要時間8時間50分。昼食付きの7,500円。札幌を朝9時に出発して、帰ってくるのは18時前とほぼ1日がかり。北海道は『観光バス』は便利なのは分かってきたのですが、自由気ままにふらふら旅をするのを信条とする自分としては1日拘束されるツアーに参加するのはかなり勇気のいることでした(苦笑)。

積丹というのは札幌から見ると左上にポコっと出っ張っている半島のことで、オンシーズンには路線バスでも先の神威(かむい)岬まで1日5本程度運行されています。こちらに乗ると小樽から終点の神威岬まで2時間20分程度。鉄道は通じておらず、道路の整備状況も悪かったらしいのですが、近年は道路が整備されて、このあたりはむつかしいのですが、道がキレイになって行きやすくなった分、車窓から見える景色はトンネルが多くなり、絶景のポイントは主要道路から離れているようです。今回も島武意海岸というところは路線バスでは通らなくなってしまったようなので、観光バスの選択の決め手になりました。

Shakotan さて、札幌のバスターミナルは旧そごうの建物で(今はビックカメラが入っていますが)2階でチケットを購入。ちょうど各地へツアーが出発する時間のようでかなりごった返しています。慣れない雰囲気なので少し戸惑います(苦笑)。しばらくすると、自分の乗るバスツアーの名前が呼ばれ1階に降りると中央バスのバスが。これに乗ってしまえばあとは連れてってくれる…う~ん、便利ですね(笑)。

(・・・続きです!)

観光バスなので、ガイドさんがついています。今回のガイドさんはややベテランの域に達していますでしょうか(笑)。ものすごい知識と話量です(笑)。それでいてそれほどしつこく感じさせないのでいいガイドさんに当たったといえるかもしれません。1日付き合うガイドさんですから、こういうのも大事ですよね。少し残念だったのはガイドさんも実は謝ってらっしゃいましたが、前の座席とのいわゆる『シートピッチ』が短いこと。長時間乗るのでもう少し居住性に工夫が必要かも。自分はそれほど足は長くありませんが(苦笑)、ヒザが前の座席にぶつかってしまいます。リクライニングは付いていますが、これではお互い使いづらいですよねー。いろいろと新しい発見があります。

札幌市内から出るのに少し時間がかかりましたが、高速道路に乗って小樽に向かうとなかなか快適なバス旅。普段、札幌から小樽へ行くときは(当然?)鉄道を利用しますが、鉄道は海岸沿いを走るのに対し、高速道は小高い地点を走るので視点が変わって真新しい感じがします。

Shakotan2 小樽からお客さんを乗せて、余市で若干の休憩。ここから229号線を北上します。小さな集落を通るたびにガイドさんがそのエピソードを話します。自分は鉄道を離れるとほぼ知識がないのでふむふむ…と聞いていましたが、だんだん朦朧としてきます(笑)。右手には日本海の景色と青空が…。今日も晴れました(笑)。

Shakotan3 途中の婦美というところで国道と別れ右手に折れます。ここからは路線バスでは来れないところ。島武意海岸に到着。ここは演出効果が抜群のところで、海岸を見るのに小さなトンネルをくぐらないといけません。ヒトふたりぶんくらいのトンネルで中央まで来ると真っ暗闇。そしてそこを抜けると積丹ブルーといわれる青い海が眼下に広がります。なんでこんなに青いんだろう??とても北国の海の色じゃないです(笑)。

そのあと、近くの民宿のようなところで昼食。ツアーの昼食なのであまり期待せずにいったら思いのほか美味しかったので一安心(笑)。時期によってはウニを追加注文できたみたいですが、8月末で終了とのこと。残念。それから、ふたたび国道に戻って神威岬を目指します。右手に日本海の景色が戻って、しばらくすると到着。駐車場から岬の先端まではかなりの距離があるそうで、ガイドさんが注意を促します。

ここはかつて女人禁制だったそうで、今でも風が強い日は通行禁止なるとのこと。幸い今日は1年でもかなり穏やかな日ではないかとのこと。女人禁制のもんをくぐるとかなりのスリル(笑)。断崖絶壁というか、もう右も左も眼下に海が見下ろせますよ(笑)。たしかに、風が強いと飛ばされそうな気がします。健脚なうちに来ておかないといけないところってありますよね(笑)。どのくらいかかったでしょうかね。かなり歩いた気がするのですが、それよりも怖さの印象のほうが強かったですね。日差しはかなり強くすごく汗をかきました。

帰りのバスは途中まで熟睡。帰りは余市のニッカウイスキーの工場で休憩時間をとってくれるのですが、そこからは鉄道でも札幌に戻れるので、ここで離脱。ガイドさんもこころよく承知してくれました。ここの工場に来るのは二度目なのですが、楽しいところなので少しゆっくりしてから札幌に戻ることにしました。(2006.9)

« 国立駅舎は解体へ | トップページ | 帰りは余市から鉄道で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/12302126

この記事へのトラックバック一覧です: 積丹岬・定期観光バス紀行:

» 北海道旅行の観光スポット [国内旅行・海外旅行の豆知識]
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ北海道旅行について情報交換しませんか? [続きを読む]

« 国立駅舎は解体へ | トップページ | 帰りは余市から鉄道で »