« 石狩平野を行く | トップページ | 根室本線と鉄道員 »

2006年9月17日 (日)

北海道中央バス・新十津川役場前

新十津川駅前。正直寂しいところですねー。それほど人口が少ないところではないと思うのですが、鉄道だけが見放されてしまっている感じがしてしまいます。

さてさて、ここからどうするか、ということなのですが、実は地図を見ていただくとわかるのですが、『1日4往復の』新十津川駅から函館本線の滝川駅までは直線距離で3キロも離れていない程度なんですよね。滝川駅は主要駅で特急停車駅で1時間に2本以上は特急が走っているという・・・なんでこんなに差があるんだろう(笑)。まぁ、札幌~旭川間の幹線なんです。

道のりで5キロ弱なので歩いてもいけない距離ではないのですが、いろいろ調べてみると北海道中央バスが走らせているようです。ただし、駅前からではなく『新十津川役場』前からの出発。これに乗ると滝川駅前(バスターミナル)まで連れて行ってくれるようです。先人たちもこのコースを利用しているヒトが多い模様。

Chuobus 駅前から左手に向かって歩いていくと大きな通りに出て、コンビニ、役場、消防署、生協などがあってここあたりの中心部に来たことが感じられます。でもやっぱり食べるところは見つかりにくそうです。昼食は調達してしまってよかったな、と思いつつ、大通り沿いにバス停も無事に発見。ホッとしてバス停の標識の裏側の時刻表を確認見てみると、そこの時刻表に乗るべき13時12分発のバスが記載されてないではありませんか!!!(涙)

Chuobus2 えー??と思いつつ、うろうろした挙句、大通りから少し外れた消防署の前にバス停のようなものを発見!近づいてみると、見つかりました^^;。こちらも『新十津川役場』前・・・。

実は事前にバス停がふたつあるという情報は仕入れていたのですが、もし知らなかったらうまく乗り換えができなかったかもしれません。見つかったからよかったのですが、バス停がふたつあるということ??んーたとえば、福岡の天神とかバス停がすごい離れていますけど、そういうのとはレベル感が違う気がしますが…ともかくホッと一息。

観光地でない土地を走るバスは停留所が親切でないのが常で(苦笑)、たしかに地元の人しか乗らないのであればそれで不自由はないんでしょうね。ここのバス停も非常に難解です(笑)。それにしても・・・!

天気は北海道に入って以来その後もあまりよくなくて、ここでいきなりの集中豪雨。消防署の軒下で雨宿りをしていると、出発時刻直前になってようやくどこからかバスがやって来て、駆け込み、大雨の中出発。

バスはまっすぐに滝川には向かわずに団地のような住宅がいくらか集まっている集落を丹念に回る感じで右往左往してようやく石狩川を渡ります。

雨はほどなくやみました。しばらくすると左に折れ、ようやく駅が見えてきました。鉄道の駅が見えるとホッとします。これで無事に乗り換えができます。いずれにしても貴重なバスでした(笑)。(2006.8)

« 石狩平野を行く | トップページ | 根室本線と鉄道員 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/11933550

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道中央バス・新十津川役場前:

« 石狩平野を行く | トップページ | 根室本線と鉄道員 »