« スイッチバック。ループ線。 | トップページ | 走れメロス(列車です^^;) »

2006年8月23日 (水)

北海道の南端は?

自分は飛行機が苦手なので、北海道に行くときも時間の許す限り電車で行きます!(笑)

そうすると、青函トンネルを抜けて、函館から入ることになるのですが、本州に近いところはなんとなく後回しになって、道東・道北に向かってしまうことが多かったんですよね。

それで、平成15年に北海道に行ったときは、ようやく道南を中心に回ることになって、最終日に江差線に乗ってくることができました。

江差線というのは函館(正確にはその隣の五稜郭駅)から江差までの路線で、途中の木古内(きこない)というところまでは、函館と青森を結ぶ動脈の一部として優等列車もかなり走っていますが、そこから江差まではいわゆるローカル線で、いざ行こうと思うとなかなか大変なところです。

木古内からは松前漬けで有名な松前まで結ぶ松前線という路線も走っていましたが、こちらは昭和63年に廃止。江差線は青函トンネル開通のおかげで辛くも生き残ったようです。

(・・・続きです!)

函館から木古内までは函館湾をグルッと回りながら走り、景色のよいところを走ります。それなのに、印象が薄いのはそのあとに北海道のさらに奥に行くことによってもっと風光明媚なところに接するせいなんでしょうね。かなり損している気がします(苦笑)。

Esashi 木古内からは松前半島を横切って、上ノ国(かみのくに)というところで日本海側に出ます。ほどなく、終点の江差です。本当はこういう終着駅からふらふらと散歩したいのですが、鉄道のダイヤが散歩する時間を許してくれず、すぐに引き返すことに。1本遅らすと何時間も待つことになってしまうので・・・(涙)。(2003.9)

« スイッチバック。ループ線。 | トップページ | 走れメロス(列車です^^;) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/11577688

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の南端は?:

« スイッチバック。ループ線。 | トップページ | 走れメロス(列車です^^;) »