« 広尾探索:龍屋 | トップページ | 夕張はどうなるのでしょう »

2006年7月25日 (火)

かるかん!

『かるかん』って言葉の響きがいいですよね。思わず、タイトルに『!』を付けてしまいました(笑)。

今回は鹿児島のお菓子、『かるかん』の紹介です。『かるかん』といえばお饅頭しかイメージが湧かなかったのですが、四角い『かるかん』も実はあるんですよね(笑)。この間初めて見つけてビックリです。・・・今回も鹿児島に実際行ったわけではなくって、東京にある鹿児島のアンテナショップで見つけてきました!

Karukan 四角いかるかんも丸いかるかん饅頭もばらで両方買うことができます。ありがたい世の中になりました(笑)。

『かるかん』もいろいろなところが作ってるみたいですね。自分が知っていたのは蒸気屋さんかな。東京進出しているところは『明石屋』さんでした。ほかにもあるのかな・・・?

(・・・続きです!)

『かるかん』は漢字で書くと『軽羹』(ようかんのかん)となるんですね。しかも、『かるかん』というと四角いほうが普通のようで、丸くて餡が入っているのは、『かるかん饅頭』なのか。ふむふむ。よく知らずに食べてました(苦笑)。

『かるかん』の独特の食感は、山芋(自然薯)がポイントのようで別に『粘り気』が残っているわけではないのですが、通常のお饅頭とは違うツヤツヤさみたいなものがあります。東京で何度も買いに行くほどの好物ではないのですが、鹿児島に行ったらやっぱり食べに行きたくなりそうなお菓子ですね!☆☆☆

« 広尾探索:龍屋 | トップページ | 夕張はどうなるのでしょう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/11093928

この記事へのトラックバック一覧です: かるかん!:

« 広尾探索:龍屋 | トップページ | 夕張はどうなるのでしょう »