« ロイズ、チョコ、ポテト | トップページ | ゆりかもめが豊洲に延伸 »

2006年6月 9日 (金)

地蔵通りと塩大福

さて、今回は東京に戻って、『塩大福』の紹介です。

山手線の巣鴨駅から白山通りを北に向かうとすぐに、『おばあちゃんの原宿』とも呼ばれるようになりましたが、地蔵通り商店街があります。この愛称ってだれが考えたんでしょうね(笑)。

地蔵通りは都電荒川線の庚申塚の駅の辺りまで続いていて、奥に行くとまだまだお店があるのですが、いわゆる『とげぬき地蔵』は地蔵通りを入るとすぐなんですよね。観光に来た『おばあちゃん』たちは、地蔵参りをするとすぐに引き返してしまわないかと少し心配になります(笑)。

とげぬき地蔵の正式名称は『高岩寺』。う~ん、印象薄いような・・・(苦笑)。とげぬき地蔵と地蔵通りは4のつく日は縁日で、商店街にさらに出店が出て賑わいます。商店街に迷惑をかけないように、出店は毎回片側にしか出店しないそうですね。

とにかく、4がつく日はすごいヒトなので、一度その雰囲気を味わえれば、あとは違う日を選んでいくようにしています(笑)。

(・・・続きです!)

さてさて、地蔵通りといえば、『塩大福』がケッコー有名ですよね。どのくらい知名度があるのかちょっと自信ないのですが・・・(苦笑)。

普通、大福は餡の甘みを際立たせるために塩を入れますが、『塩大福』は実は餡が甘くないんですよね。みなさんこれってどうやって食べてるんでしょうか・・・。自分はお餅を焼くような感じで少し焦げ目をつけて、砂糖をつけて食べてます。これって正しい食べ方なのかな?まぁ、自分が美味しいと思えればいいんでしょうけど(笑)。

Shiodaifuku 地蔵通りを歩いていると、いろんなお店で塩大福を販売していますが、自分がいつも買っているのは『みずの』というお店。なんか、ウチは昔からそこで買っているみたいです(笑)。でも、ここが元祖なんですかね。

写真は少し食べちゃったあとに撮ったので3個しか写っていませんが、もともとは5個入りです(笑)。5個で600円。

こういう雰囲気がある商店街が活気があるのっていいですよね。ふらふら歩くのが至福な感じです。もう少ししたらまた買いに遊びにいきたいです!☆☆☆☆

« ロイズ、チョコ、ポテト | トップページ | ゆりかもめが豊洲に延伸 »

コメント

同じ商品を扱うお店がいっぱいあると迷いますよね。
京都では八つ橋がそうでしょうか。。
実際、“元祖”って書かれると弱いです。

私は塩大福食べたことないです。
お餅みたいにして食べるんですね。
美味しそう・・・
自分が美味しいと思えば、食べ方なんて関係ないですよね(笑)

こんちは。コメントありがとうございます!

京都は八つ橋ですね!自分は生八つ橋のほうが好きです!
生八つ橋は実はあまりひいきにしているところはなくって(あまり自分で買わないからかも・・・)、おみやげでいただくといつもうまい!って感じです。

最近はいろんな味のが登場しているみたいですが、あのニッキのヤツがやっぱいいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/10458659

この記事へのトラックバック一覧です: 地蔵通りと塩大福:

« ロイズ、チョコ、ポテト | トップページ | ゆりかもめが豊洲に延伸 »