« さようなら、交通博物館。 | トップページ | 北海道ちほく高原鉄道 »

2006年5月23日 (火)

ラスクの戦略?

今回はラスクの紹介です!

ラスクっていろんなところが作っていると思いますが、そんな中で、『麦工房』というところが作っているラスクです。

もともとは、新聞に載っていた『シベール』という会社を知ったのがきっかけです。こちらの会社はもともと山形の会社なんですが、ラスクが有名でがんばっている、というような記事でした。

それでいろいろと調べてみると、『麦工房』というお店を出しているということで、東京にも1店舗進出!しかも表参道にあるということで、行ってきました!

店舗は青山通りから少し路地を入ったところにあって、思ったよりもひっそりとしている感じです(苦笑)。

(・・・続きです!)

ちょっと外からは入りにくい雰囲気ですが、えいっと入ってみると、ケーキ屋さんのような感じで、ショーケースの中にラスクやマドレーヌ・フィナンシェなどが並んでました。入ってしまえば落ち着いたいい感じのお店です。お店の奥は喫茶ができそうな雰囲気なのですが、行ってみたときは特に使用されていないようで、これからイートインを作るのか、やめてしまったのか、どっちなんでしょう・・・?(苦笑)

Rusk さてさて、とりあえずお試しで買ってみました、ラスク。プレーンとブルーベリーのセットです。ラスクにしてはちょっと高かったかな・・・^^;正確な値段を忘れてしまいましたが・・・(すみません・・・)。

食べてみると、さくっとする感じが今まで食べたことのあるラスクと違います!すんごい軽いんですよね。それとバターの風味と砂糖のシャリっと感がいい感じ。ブルーベリーもなかなかあいます。いくらでも食べられそうな感じです。

これ以外にもオニオン味とかのり塩味とかあるみたいですね!(自分はラスクというと甘いイメージしか持てないので試してませんが・・・^^;)。

ラスクの高級価格路線・・・ってむつかしいのかな。今後どうなっていくか注目です!☆☆☆☆

« さようなら、交通博物館。 | トップページ | 北海道ちほく高原鉄道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/10211276

この記事へのトラックバック一覧です: ラスクの戦略?:

« さようなら、交通博物館。 | トップページ | 北海道ちほく高原鉄道 »