« チョコはやっぱり | トップページ | 岡埜栄泉の豆大福・・・ »

2006年3月30日 (木)

エキュート探索記

昨年(平成17年)の10月に、JR品川駅に『エキュート(ecute)品川』がオープンしました。エキュートはJR東日本(正確には子会社のJR東日本ステーションリテイリング)が駅の構内のスペースを有効利用したショッピングモールみたいなもので、大宮駅についでふたつ目の開業です。開業時は全46店舗。最近はエキナカビジネスという言葉も使われるようになって、東京地下鉄(旧営団)も表参道の駅に『エチカ表参道』という名前で始めるようになりましたね。

それで、あたらしもの好きとしては、こういうところはよく出かけるんですが、今回も水を得たサカナのようにすいっと行ってきました(笑)。

品川駅は利用される方はご存知だと思うのですが、高輪口のほうに京急があって、山手線、京浜東北線、東海道線(以前は上りと下りが別れてましたよね)があるんですが、そこから使用されていないホームがあって、一番東側に横須賀線がすごく離れた位置にあります。

港南口はあまり印象がありませんでしたが、最近は新幹線も停まるようになり、駅の工事も終わって見違えましたよね。駅降りて右側のインターシティも最近の汐留を先取りしたような印象です。

(・・・続きです!)

品川駅は、かつて東京駅のキャパが限界に近づいているときの臨時用として臨時ホームが使われていたみたいですが、現在はあまり使われていないようです。したがって、その上のスペースはかなりあるので、従来から店舗はあったのですが、エキュートはさらに東側の部分に作られてます。

最初に行ってみると、ビックリするのが、エスカレータが見えて2階部分があること(笑)。これを見るとエキナカっていうか、立派なモールですね。落ち着いてひとまわりするとそれほどの広さではないのですが、お惣菜も売ってますし、本屋さんも入っているし、品川を利用する方がうらやましい限り。

さてさて、肝心の『甘味系』ですが、充実していて(*^_^*)16店舗。お店のラインナップはエキュート大宮に近いのですが、コンセプトが少しおもしろくて、有名どころは新業態で参入しているケースもあります。たとえば、バームクーヘンの有名なユーハイムはボビー・ユーハイムという名前で品揃えも違っています。

Ecute 今回は、GRAND PLACEというチョコやさんの紹介(また、チョコになっちゃいますが^^;)。生チョコですが、シャンパン入りとか変わったものが売っています。写真はシャンパン入りだったかな。フツーの生チョコもあります。シャンパン入りは感想が分かれるかもしれませんが、シャンパンの雰囲気を出したため滑らかさが出てないですかね。個人的にはフツーのほうがおいしいと思います。

でも、駅の中にあるってことはきっぷはどうするの??っていうことですよね。JR東日本もそういうお客さんには悩んでいるようで、エキュートを利用される方はいったん改札を通ってください、とお願いしています(笑)。

次のエキュートは立川に開業予定。上野とか秋葉原とかまだスペースに余裕がある駅は残っているので、今後の開発に期待です!(2005.12)

« チョコはやっぱり | トップページ | 岡埜栄泉の豆大福・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129417/9329051

この記事へのトラックバック一覧です: エキュート探索記:

« チョコはやっぱり | トップページ | 岡埜栄泉の豆大福・・・ »